CCクリームのカバーする力

↓↓↓↓【チェック】BBクリームとCCクリームのいいとこどり↓↓↓↓

CCクリームとは

Care(ケア)してControl(コントロール)するクリーム、の略です。肌の色をカラーコントロールしながらすっぴんを美しく見える機能に加え、美容液のようなスキンケア効果、UVケアを組み合わせたとても優秀なオールインワンベースメイクアイテムなのです。CCクリームは、BBクリーム(医療現場で使われていた保護クリーム)の進化系として登場した化粧品と言われています。BBクリームのような正式な由来はなく、メーカーによってさまざまな名称があり特徴も異なりますが、「Care」と「Control」(ケアと調整)の意味を持っているものが多いようです。

CCクリームは下地の一種

一般的なCCクリームの特徴は、肌の色ムラを整えてナチュラルな質感に仕上げるところであり、「下地」と「コントロールカラー」の役割を担っています。CCクリームは「下地」の一種であり、次に使うファンデーションをより綺麗に見せることのできるアイテムです。商品によっては、CCクリームでもファンデーションの役割を兼ねたものもあるので、確認してみてください。

CCクリームの基本的な役割

「下地」+「コントロールカラー(肌色の補正)」と言われています。メイクによって演出すること
そのため、単体使用ではなく、上からファンデーションを重ねるタイプのものが多いようです。
CCクリームは、自然に肌色を整えて見せつつ、肌全体の透明感を演出するナチュラルなベースメイクアイテムと言えるでしょう。
一方でBBクリームは、【日焼け止め・下地・ファンデーション】などの機能が1つになっている、カバー重視の保護クリームと言われています。

CCクリームの注意点

CCクリームの基本的な役割は「下地」と「肌色の補正」なので、カバーがメインという訳ではありません。メイクによって演出すること
全体的な肌のカバーを求める方は、CCクリームではなく「BBクリーム」を使用することをおすすめします。
また、濃いシミや色ムラをカバーしたい場合は、コンシーラーを併用すると良いでしょう。
コンシーラーの詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

CCクリームの使い方

CCクリームを使う順番は【スキンケア⇒日焼け止め⇒CCクリーム⇒ファンデーション⇒フェイスパウダー】の順です。
CCクリームは1本の中に「下地」と肌色を補正して見せる「コントロールカラー」の役割が備わっているので、ファンデーションの前に使うことで綺麗なベースメイクを演出するアイテムです。
CCクリームの後にリキッドやクリームなどの液体系ファンデーションを使用する場合は、仕上げにフェイスパウダーを使うことをおすすめします。
フェイスパウダーの使い方はこちらの記事をご参照ください。

CCクリームを使うときの適量

CCクリームの適量はメーカーによって異なる場合もありますが、基本的な量はパール粒大です。
CCクリームの量は少なすぎてしまうと全体をカバーしにくくなり、多すぎてしまうとムラになったり、メイク自体が崩れやすくなってしまったりすることもあるので、適量をつけることが大切です。

CCクリームの使い方&塗り方

CCクリームを塗る前の下準備

CCクリームは、塗る前の段階で肌にうるおいが不足していたり、油分が多すぎたりしてしまうと肌になじみにくくなります。
スキンケアの段階で保湿をしっかりと行い、肌によくなじませてからCCクリームを適量つけましょう。
肌にべたつきやヌルツキがなく、しっとりとした質感になってからベースメイクをするのが理想的です。

CCクリームの塗り方

1.手の甲にパール粒大のCCクリームを出します。
2.顔の5点(額・両目の下・あご先・鼻筋)にCCクリームをのせます。
鼻筋とあご先は少量で構いません。
3.顔の中心部から外側に向かって伸ばします。
この時、中指と薬指を使ってムラにならないように伸ばしましょう。
※使う指は中指と薬指です。第二関節まで付くくらい肌に密着させて伸ばしましょう。
4.あごの下を伸ばします。
首と顔の色がなじむように、境目をよくぼかしましょう。
5.額を中央から生え際に向かって伸ばします。
生え際部分は細かく伸ばしましょう。
6.鼻筋と小鼻を上から下に向かって伸ばします。
ヨレを防ぐため、丁寧に塗り広げましょう。
7.指に残ったCCクリームをまぶたと目の際に塗ります。
まぶたと目の際はよく動く部分なので軽く塗るのがポイントです。
8.スポンジで全体をなじませます。
スポンジで押さえることによって肌に密着しやすくなり、メイク崩れしにくくなります。
9.スポンジの角を使って細かい部分を丁寧に押さえます。
脂の浮きやすい小鼻周りは特に丁寧に押さえましょう。
10.最後にファンデーションを重ねます。
よりナチュラルに仕上げたい日は、ファンデーションではなくフェイスパウダーをのせるのもおすすめです。

CCクリームの選び方

自分の肌になじむ色味を選ぶ

CCクリームはナチュラルな色味のものがほとんどですが、なるべく自分の肌に自然になじむ色味を選ぶことをおすすめします。
商品によって、肌に塗ったときの発色は異なるため、まずサンプルを使用して色味を確認してみると良いでしょう。
自分の肌に合わない色だと、白くなりすぎてしまったり、くすんで見えてしまったりすることがあります。

各メーカーのCCクリームの役割を確認して選ぶ

CCクリームの基本的な役割は「下地」と「肌色の補正*」ですが、明確な定義がないため、各メーカーによって役割が異なる場合もあります。*メイクによって演出すること
購入する際は、「どのようにして使用するか」や「どんな役割を兼ねているのか」を確認してみましょう。