BBクリームのカバーする力

BBクリームとは

下地としても使えるファンデーションクリームで、美容クリーム、メイク下地、日焼け止め、コンシーラ、ファンデーションといったベースメイクの機能を併せ持つ万能オールインワン化粧品です。BBクリームはカバー重視の仕上がりになります。BBクリームは日焼け止め&ファンデーションの昨日を併せ持つオールインワン化粧品になります。保湿効果が高い、UVカットが高いなど、メーカーは様々な効果を謳っています。
BBクリームの「BB」とは、Blemish Balmで、ブレミッシュ(欠点・傷)を補うクリーム。隠したい毛穴やシミなどもカバーしてくれます。BBクリームは整形大国と言われる韓国において、美容整形のレーザー治療やピーリングなどの皮膚に関する手術などで刺激を受けた肌を鎮静し、保護するための目的で作られたクリームを「BBクリーム」と呼んでいました。

BBクリームの選び方

一番大事なことは、自分の肌に合うものを見つけるということです。紫外線吸収剤、鉱物油や石油系界面活性剤、合成香料、保存料など、肌に良くない成分が含まれていないかしっかりチェックしましょう。長い時間使っているとシミや肌荒れの原因になることもあります。あまりに水っぽすぎるテクスチャーだと、油性肌の方はヨレやすくなってしまいますし、逆にテクスチャーが硬すぎると、伸びが悪く、敏感肌の方は塗るだけで肌に負担がかかってしまう可能性があります。BBクリームが気に入っているのに、自分の肌色とは馴染みが悪い場合は、上からルースパウダーを重ねたり、下地にコントロールカラーを使ったりするような使い方でもOK。使用感が良く、かゆみや赤みなどのトラブルが出ないものを中心に選んでいくのがオススメ。

スキンケアした後の日焼け止め以降のベースメイクがこれ一つで完了

色むらが少ないので、リキッドファンデーションのようなしっかりめの仕上がりを演出することも可能です。気になる部分的な肌悩みをカバーしたい方(シミ・そばかす・ニキビ跡など)や保湿成分がありますので、年齢を重ねた肌は乾燥肌の人に向いています。 若い人でも乾燥気味の肌質を持つ人もいますし、部位によって油性肌と乾燥肌が混ざっている混合肌の人もいます。カラーが入っているものは、顔色が冴えない、ツヤ感やハリ感が欲しい、そんな悩みにも対応してくれます。

BBクリームの使い方

パール粒1個分が目安です。(使用する商品にメーカー推奨の使用量が記載されている場合は、そちらに合わせましょう。)手の甲にクリームを出し、必要な分を取りながら使います。目や口のまわり、鼻などはヨレやすいので、厚くなり過ぎないように意識しましょう。手で伸ばしながらなじませることで密着感が高まり、化粧崩れしにくいベースを作ることができます。大きめのスポンジで、顔全体を押さえるようになじませることで、肌により密着させ、崩れにくくします。過剰な油分もここで抑えることができます。仕上げにフェイスパウダーを乗せます。

↓↓↓↓【チェック】BBクリームとCCクリームのいいとこどり↓↓↓↓