ノーファンデでメイクする方法にはBBクリームもおすすめです。

↓↓↓↓【チェック】BBクリームとCCクリームのいいとこどり↓↓↓↓

紫外線対策にはUV効果のある化粧下地か、日焼け止めなどを必ず塗ることをおすすめします。化粧下地やBBクリームは肌への負担はファンデーションよりも軽いのです。肌の負担を減らしながら紫外線から肌を守るので、ノーファンデの「肌への負担が減る」というメリットが損なわれることはありません。また、色付きのものなら肌のトーンを整えることもできます。赤みやシミやくすみが気になる所には、部分的にコンシーラーやより低刺激のミネラルファンデーション(ミネラルUVパウダーや、オーガニック素材で作られたUVミルク)を使用してカバーします。

BBクリームや化粧下地を丁寧に伸ばしたら、フェイスパウダーやベビーパウダーなどで仕上げをします。
通常のナチュラルメイクのように仕上げるならフェイスパウダーを、素肌のような透明感のあるメイクに仕上げるならベビーパウダーがオススメです。
ここでも肌への負担を極力抑えるために、合成ポリマーフリーのパウダーを使用します。

このように、「化粧下地+パウダー」の組み合わせで、より肌に負担の少ないものを選んで使うのが、ノーファンデの正しい方法です。ぜひトライしてその効果を実感してみてください。